栃木県市町概要
公式サイト
■市花 オモイガワザクラ
■市木 シラカシ
■市鳥 セグロセキレイ
市町類型 4−1 H27年国調人口 166,760人
財政力指数(H26〜28) 0.968 住民基本台帳
(H27.3.31)
人口 166,775人
職員数(H29.4.1) 1,142人 世帯数 70,149
職員1人当り人口 146人 面積(km2 171.76
■沿革
 昭和29年3月31日、下都賀郡小山町と大谷村が合併し市政を施行。次いで同38年4月18日、間々田町と美田村を合併。同40年9月30日、桑絹町を合併して現在に至る。
■地勢
 栃木県南部にあり、東京圏から60kmの距離に位置し、東は茨城県結城市・筑西市、西は栃木市、南は野木町・茨城県古河市、北は下野市・真岡市に接している。
 市域は、東西20.25km、南北21.4kmで、市中央部には思川が、東部に鬼怒川が、西に巴波川が流れている。思川東部は、市街地や畑が広がっており、鬼怒川や巴波川の両岸は、肥沃な水田地帯となっている。
■観光
 春は、城山公園・間々田八幡公園のソメイヨシノ、また、市の花であるオモイガワザクラなど各地の桜の名所でイベントが実施される。初夏からは、思川の鮎釣りを皮切りに、須賀神社の祇園祭、本格的夏の到来を待って、恒例となった大花火大会をメインにしたサマーフェスティバルが開催され、秋にはおやま開運まつり、うどんまつり、うまいもの評定、菊花大会、おもいがわ映画祭が続く。
■産業
農業:  水と緑と大地の豊かな自然環境に恵まれ、生産量全国トップクラスの“はとむぎ”をはじめ、ビール麦は全国上位、小麦・はくさい・レタス・きゅうりは県内トップクラスの生産量を誇り、黒毛和牛についても肥育・出荷頭数とも県内トップクラスを誇る。
 本市では、環境にやさしい農業の推進として無農薬・無化学肥料のラムサール「ふゆみずたんぼ米」、地産地消・食育、都市と農村の交流、関東トップを誇る多面的機能支払交付金や国営土地改良事業などの各種農業農村整備事業の推進している。
工業:  県内3位の製造品出荷額等を誇り、はん用機械・情報機械・輸送機械製造が上位を占める。新たな雇用創出に向けた新規工業団地開発及び企業誘致活動と、市内企業活性化のための各種支援制度の拡充を図ることで積極的な施策を推進している。
商業:  卸売業は、事業所数県内2位、従業者数及び年間商品販売額県内2位と上位にあり、小売業については、事業所数が県内5位であるが、従業者数及び年間商品販売額は県内2位である。(平成26年商業統計調査結果「小山市の商業(卸・小売業)」から)
■その他特徴のある事項
 恵まれた気候、地形等の自然条件や高い技術のもと生み出される産品や観光資源など、特に優れたものをブランド化し「おやまブランド」として内外にPR。都市と農村の交流拠点施設である道の駅「思川」を拠点に、おやまブランドの創生と発信、農畜産物のPRや地産地消を推進するとともに、平成22年11月にユネスコ無形文化遺産に登録された本場結城紬の振興や、平成24年7月にラムサール条約湿地登録となった渡良瀬遊水地の賢明な活用について取り組んでいる。
■施政方針
 県内第2位の都市として、小山の豊かな「自然」「文化」、優位な「立地利便性」を最大限に活用し、人と経済・文化が交流する「北関東の拠点都市」の形成に向けて、産業・都市・教育・医療基盤の整備、子育て支援等、「人と企業を呼び込む施策」を推進するとともに、「小山ブランド」の創生、「開運のまち おやま」の全国発信、更なる行財政改革に取り組み、将来にわたる持続的な発展を堅持し、「夢」「希望」溢れる、「豊かで活力があり、暮らしやすい小山市」を創造する。
■重要事業
事業名 予算額(千円) 事業の概要
市民生活の安全・安心、福祉対策、健康づくり、医療、教育の推進 4,399,000 国営かんがい排水事業栃木南部地区、排水強化対策、地域包括ケアシステム構築、旧小山市民病院跡地活用(旧市民病院病棟一部解体)
まち・ひと・しごと創生総合戦略、地方創生の推進 4,865,000 本場結城紬(生産振興・後継者育成)、ロブレ再生支援、渡良瀬遊水地観光地化推進、本場結城紬プロモーション、シティプロモーション推進、子育て包括支援システム構築、小山地区定住自立圏構想推進、各機関連携協定推進
社会資本整備を中心とした景気・地域経済の再生の推進 3,616,000 新規工業団地開発推進(小山東部第二工業団地着工、テクノパーク小山南部用地取得)、3・4・7小山野木線、粟宮・緑の健康づくりの森地区都市再生整備、城南地区新設小学校建設着工
■「ふるさとづくり事業」等のまちづくり事業について
・小山市わがまちげんき発掘事業
・歴史のまちづくり推進事業
・桜堤整備(桜の里親づくり事業)
・ハンドベルによるまちづくり事業
・都市景観形成推進事業
・地区まちづくり推進事業
■地域指定の状況について
・首都圏都市開発区域[首都圏整備法]
・栃木県南部地方拠点都市地域[地方拠点都市法]