栃木県市町概要
公式サイト
■市の花 キク
■市の木 イチョウ
■市の魚 ミヤコタナゴ
市町類型 2−0 27年国調人口 75,458
財政力指数(26〜28) 0.642 住民基本台帳
(29.4.1)
人口 72,191
職員数(29.4.1) 582人 世帯数 28,040
職員1人当り人口 124人 面積(km2 354.12
■沿革
 当市は、江戸時代を通して大田原氏一万一千余石の城下町、宿場町として栄えてきた。
 昭和29年12月1日大田原町、金田村、親園村の1町2村が合併して市政を施行、その後昭和29年12月31日に野崎村、昭和30年11月5日に佐久山町と合併し、さらに、平成17年10月1日に湯津上村及び黒羽町と合併し現在に至る。
■地勢
 県の北東部に位置し、東は茨城県大子町、西は矢板市、南はさくら市及び那珂川町、北は那須塩原市及び那須町に隣接している。八溝山系の豊富な森林を有し、西に箒川の清流、中央に蛇尾川のせせらぎ、東に関東の四万十川といわれる那珂川の3河川が流れ、恵まれた水を利用した広大で肥沃な水田が広がり一大穀倉地帯となっている。
■観光
 当市ゆかりの「那須与一」、「松尾芭蕉」関連の史跡をはじめ、「那須国造碑」など種々の歴史的文化遺産がある。また、「雲巌寺」、「大雄寺」は名刹として広く知られている。あらゆる施策、行事等に「与一の里」、「芭蕉の里」としてPR活動を行っている。
 また、観光産業の拠点として「道の駅那須与一の郷」を整備し、その隣接敷地に平成19年10月に那須与一伝承館をオープンしている。きれいな水に生息する「ミヤコタナゴ」湿地帯植物の「ザゼン草群生地」など良好な自然環境にも恵まれている。
■産業
農業: 農林業 水と緑に恵まれた大田原市では、コシヒカリを中心としたおいしいコメが作られている。また、季節ごとにさまざまな農作物が作られ、中でもウドは全国でもトップクラスの生産高。ねぎやアスパラガス、ナシなども、栽培技術の向上により高い評価を受けている。さらに林業では八溝材の需要拡大を図っている。木材生産はもとより、国土保全のための森林維持、管理を目的とした計画的な造林や育林、整備を進めている。
商業: 商工業 郊外の豊かな自然環境の中に、ロードサイド型店舗が進出し続ける一方で、空き店舗活用支援や中小企業の経営基盤の強化、地場産業、地域商業などの活性化を図っている。また、医療福祉関連産業・研究機関をはじめ、雇用の安定確保が見込める将来性の高い企業を誘致している。 
■その他特徴のある事項
 将来を展望した社会資本の整備充実と相まって、「環境保全都市」や「健康長寿都市」を宣言することにより、「大田原市の豊かで美しい環境を守り、創造し、後世に引き継ぐ条例」や、「大田原市民がすこやかに長生きするための条例」などを制定し、人と自然との関わり方や地域社会の連帯感の醸成等その具現化を図ろうとしている。
■施政方針
 市の将来像「知恵と愛のある 協働互敬のまち おおたわら」の実現をめざして、市民が「いつまでも住み続けたい」と思うまちづくりを進めるため、きめ細やかな諸施策の積極的な推進、市民の安全・安心な暮らしを守るための社会基盤の整備、少子・高齢化社会に対応した総合的な地域福祉施策の展開、結婚・出産・子育て・教育の希望がかなう環境づくりの推進、賑わいを創生する産業の振興、循環型社会の構築等の環境施策の推進など、将来を見据えた諸課題に的確に対応するとともに新たな行政需要にも積極的に取り組むこととし、限られた財源の重点的・効率的な配分に努める。
■重要事業
事業名 予算額(千円) 事業の概要
防災・安全社会資本整備総合交付金事業費 820,150 道路改良工事、用地購入費、物件移転補償
小中学校教育振興費 465,135 複式学級TT教員報酬、外国人子女相談員賃金、学習到達度調査委託料、ICTアドバイザー謝金、教科書採択替え
小中学校給食費
学校給食センター費
623,284 給食調理業務の民間委託、賄材料費、米飯給食推進補助、学校給食サービス事業費等補助
児童福祉法施行事務費 1,180,298 私立保育所運営委託及び運営補助金、病児・病後児保育事業委託料、認定こども園・小規模保育施設等給付費補助金
各種手当 1,346,419 児童手当、児童扶養手当
子宮頸がん(HPV-DNA併用)検診 15,239 妊娠出産する年齢の女性を対象とし、細胞診断とHPV検査を併用して実施する(委託料)
障害者自立支援給付事業費 1,211,587 介護給付、訓練等給付、補装具給付、特定障害者特別給付、障害時通所給付
介護予防・生活支援サービス事業 138,926 要支援者等の訪問介護・通所介護について、地域の実情に応じた多様なサービスを実施。
中小企業金融対策費 507,054 中小企業者に対する信用保証料補助、創業支援資金融資利子、事業資金預託金
市営バス運行費 243,846 市営バス・デマンドバス運行、地域公共交通網形成計画策定業務補助
庁舎復興再整備事業費 2,357,078 新庁舎実施設計業務委託、外構・造成工事、解体工事
■「ふるさとづくり事業」等のまちづくり事業について
 高齢化、国際化、情報化等複雑多様化する社会の中で、自然豊かな地方都市の価値と魅力を最大に生かし、「住みたい」、「住んでよかった」と思えるまちづくりを進める。
■地域指定の状況について
・栃木県北部地方拠点都市地域
・首都圏都市開発区域
・振興山村地域
・農村工業導入地域
・辺地